2015年6月28日日曜日

夢分析の世界が奥深くて面白い(自分でできる夢分析の書評)

01:20 mins - この記事を読むのにかかる時間

プロカウンセラーが書いた「自分で出来る夢分析」という本が大変おもしろかったので思わず書評を書くことにしました。
タイトルだけ読むと、夢の解釈を延々と書いてあるような本なのか、と思ってしまうのですが、思ったより内容は本格的でした。


2015年1月13日火曜日

機能の優先順位を付ける "Red routes" という概念

01:23 mins - この記事を読むのにかかる時間

とあるイギリスのユーザビリティコンサルの会社(USERFOCUS)が機能の優先順位をつける考え方として "Red Routes" という概念を掲げています。
とても大事なことの割に日本語でうまいラベリングがなくて語られにくいので、こういう名前がつくのは重要だな、と感じてまして紹介記事を書くことにしました。

Red Routesの元々の意味は、ロンドンの主要な道でふちに赤い線が引かれているもの。この道では止まってはいけなくて、荷物の積み下ろしや人の乗り降りもNGなのだそうです。

転じてWEBのユーザビリティの観点では、めちゃくちゃよく使われる重要なルートやタスクに力を入れてサービスは構築されるべき、という意味で使われます。実際のRed routesはバスの通行を10%早め、27%確実性が増す、と言われており、ソフトウェア全般でもこのRed routesの考え方を起用することでユーザーにとってスピードと効率性が高いサービスを構築出来る、というのが発案者の主張です。

2015年1月3日土曜日

30歳で仕事でスランプになって回復に向かうまでの記録

01:12 mins - この記事を読むのにかかる時間

30歳になって仕事に対してスランプだな、と感じていたのですが、最近少しずつ回復してきました。
少し投稿するか迷ったのですが、自分の整理として文章に残すことにしました。もしあなたが同じような境遇だったら読んでみてください。

2014年12月15日月曜日

Humans of New York というページが面白い

00:52 mins - この記事を読むのにかかる時間

Humans of New York というページをご存知ですか?
ニューヨークで何者でもない一般の人にインタビューをしていく、というだけなんですけど。とてもおもしろいんです。

特に都会で過ごしていると他人の一人ひとりに目を向けることはほとんどありません。でもHumans of New Yorkの記事を読んでいると、いつも行き交うたくさんの人たちにもそれぞれにバックグラウンドがあって、ストーリーがあるんだ、という当たり前のことを改めて実感します。

投稿されるのは例えばこんな感じ(日本語は意訳です)

2014年11月23日日曜日

キャリアゴールの設定は本当に必要ですか?

01:06 mins - この記事を読むのにかかる時間

あなたのキャリアゴールってどんなことなんですか?とか10年後どうなっていたいですか?と聞かれることがあります。

私はよく「ハサミを切る子どもに似てます」と少し論旨をずらして回答します。